NEWSニュース

2022.05.26[THU]
TOP TEAM

【2021-2022シーズン退団選手コメント】 Vol.4 和田 源太 選手

いつも静岡ブルーレヴズに温かいご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございます。

 

この度、2021-2022シーズンをもって退団する和田 源太 選手のコメントをアップいたしましたので、お知らせいたします。

 

ヤマハ発動機ジュビロから静岡ブルーレヴズに渡り、複数のポジションをこなすユーティリティBKとして5シーズン活躍した和田選手。スピードを武器にしたアタックと、FWを前進させるゲームメイク、そしてグラウンド外でも対戦相手の分析などを率先してこなし、頼れるチームマンとして貢献してくれました。

 

和田選手のコメントをぜひともご覧ください。

ヤマハ発動機ジュビロ・静岡ブルーレヴズでの現役生活を振り返って

2017年にヤマハ発動機ジュビロに入団してから約5年間で本当にいろいろな思い出ができました。

肩の怪我のリハビリ中に入団し、いろいろと不安を抱えていたのですが、先輩方が話しかけてくださったおかげで、すぐにチームに馴染めて不安のない1年目を過ごせました。先輩方はいつでも優しく、厳しく接してくれて、このチームは本当に雰囲気が良くて年齢問わず仲が良いと感じたのを憶えています。

同期が公式戦に出場した時は、本当に嬉しい気持ちの反面、悔しい気持ちもありました。唯一同じBKの吉良が試合に出た時は、特にその気持ちは大きかったです。現役中は同期から学ぶことがたくさんありましたし、助けられることもたくさんありました。

2年目以降は後輩もできて、先輩としての責任を感じるようになりましたが、僕のことを先輩だと思っていない後輩(特に矢富洋則)がたくさんいて、遠慮なく話ができたかなと思います。

どれだけキツい状況でも、チームメイトと一緒なら乗り越えられると思っていましたし、公式戦に出場できなくてもこのチームのために何か力になりたいと思えたのは、このチームが僕にとって家族のような存在だったからだと思います。

良い指導者、良いチームメイトに恵まれたラグビー人生でしたし、最後のチームが静岡ブルーレヴズで良かったと本当に思っています。

一番印象に残っている試合や出来事

ヤマハ発動機ジュビロから静岡ブルーレヴズに変わった瞬間です。

今までのラグビー人生の中で、在籍していたチームの名前が在籍中に変わることがなかったので、とても印象に残っていますし、静岡ブルーレヴズになって最初の全体ミーティングは今でも頭に残っています。

僕の中で、いろいろな期待が溢れた瞬間でしたし、その瞬間を選手という立場で立ち会えたことも本当に嬉しかったです。

ただ、そのチームの成長を1年間しか間近で見られなかったのが少し心残りです。

これからは1ファンとして、静岡ブルーレヴズの成長を応援していきたいと思っています。

ファンの皆様へ

ヤマハ発動機ジュビロの時から、たくさんの応援を本当にありがとうございました。

静岡ブルーレヴズほど「ファミリー」という言葉が似合うチームは他にないと思います。

これからもっと強くなるチームなので、引き続きたくさんのご声援をよろしくお願いいたします。

個人としても皆様の応援があったからこそ、今日まで頑張ってくることができたと思っています。

この力を次のステージへ繋げたいと思います。

本当にありがとうございました。

その他の退団選手についてのリリース

▸ 2021-2022シーズン 退団選手のお知らせ